小説家になろう

第31回 2017.2.21

嫌っていた、主人公史上主義の世界に転生。

不遇な設定だけど、しぶとく生きてやる!


愛憎の華(笑)



雨鴉

物語

『愛憎の華』という少女漫画は、
主人公至上主義で都合の良い展開が、
多くの信者とアンチを生み出した。

『愛憎の華』のアンチとして叩いていた少女は、
死亡後、漫画に登場する悪役令嬢、
花園梅子に転生してしまう。
梅子は、運動音痴で勉強も出来ず、
容姿もブサイクという不遇な設定だった。

転生後の世界で、
梅子の父・薔介の妾だった桃香が亡くなり、
同い年の異母妹・百合子を、
花園家に迎える事となるが、
家族から冷遇されている梅子は、
薔介から百合子に近付くことを禁止される。

梅子はそれが漫画と同じ展開だと気付くが、
このまま物語が進むと梅子は、
悲惨な最期を迎えてしまうことを思い出す。

物語を変えて幸せをつかむ決意をした梅子は、
まず美肌美ボディな淑女を目指し、
舞踊や武道を習いエステ通いした結果、
健康的な筋肉と美肌を手に入れる。

梅子はその後も塾やマナー教室に通い、
自分磨きに没頭して、二年が過ぎる。

ある日、百合子の御披露目パーティーが
行われる事になるが、
梅子はパーティーに呼ばれなかった。

頭と運動神経が悪い原作設定の影響で、
習い事が思うように上達しない事に
ストレスを感じていた梅子は、
解消の為、
パーティー前の中庭で体を動かすことにする。

家族や原作者への不満を並べながら、
自作のサンドバッグに木刀を叩きつけているところを、
兄・桜哉の友人であり、
前世で一番のお気に入りキャラだった、
一条蓮司に目撃され、興味を持たれる。

蓮司の優しさやその天然っぷりを、
新しい現実で目の当たりにした梅子は、
彼の魅力に触れる。

そして蓮司は、漫画通り、
梅子の名前にちなんだ、
『白梅の木』を送ると梅子に約束する。

梅子はその言葉に、
漫画の梅子同様、ときめきを覚えるが、
約束が果たされないという、
漫画での未来を知っているため、
同時に、胸の奥に痛みを覚える。

梅子は、変わろうと努力しても、
なかなか上手くいかない事を思い返し、
未来は結局変えられないのではないかと、
不安な気持ちが強くなってしまう。

しかし、パーティーを抜け出した蓮司が、
約束通り『白梅の木』を届けに来たのを見て、
自分の努力が無駄ではなく、
漫画の流れは変えられると確信する。

登場人物

▼花園梅子
伯爵家の娘。
転生前は漫画のアンチだった主人公が、
この世界に転生した姿。

黒髪癖毛で一重の黒目。
頬にはソバカスがあり、
自他共に認めるブサイク。

いわゆる悪役令嬢であり、
原作では悲惨な最期を迎えるため、
漫画のストーリーを変えようと奮闘する。

漫画では運動音痴で勉強も苦手だったが、
転生後の努力によってある程度改善する。


▼花園百合子
梅子と同い年の異母妹。
原作漫画の主人公。

妾の娘という出自だが、
明るく優しい美形ヒロインで、
何に挑戦しても結果を残すハイスペックお嬢様。

原作者の愛を一身に受けており、
好意的に接してくる人間は全員美形、
敵対する相手は全員ブサイクである。

圧倒的な主人公補正がかかっていて、
梅子曰く「人生イージーモード」。

そのため漫画のアンチであった梅子は、
百合子のことをあまり良く思っていない。


▼一条蓮司
桜哉の友人。
主人公が前世で一番好きだった登場人物。

剣術と武道の達人。
軍学校を首席で卒業し、
宮家の生まれながら軍に入隊した変わり者で、
漫画のラストでは百合子と結ばれた。

梅子が悪口雑言を並べながら、
サンドバッグに木刀を叩きつける場面に遭遇し、
興味を持つようになる。


▼花園桜哉
梅子の兄。

茶色のストレートな髪に琥珀色の瞳をしており、
父に良く似たハイスペックなイケメン。

表面上は優しく穏やかな性格だが、
沈着冷静で非情な面もある。

百合子の境遇に同情して優しく接する一方、
彼女に辛く当たる母の蘭子を嫌悪している。

梅子のこともあまり良く思っておらず、
「無表情で根暗で薄気味悪い」と評している。


▼花園薔介
梅子たちの父。花園伯爵の現当主。

妻の蘭子とは政略結婚であり、
子供は桜哉と梅子の二人をもうけたが、
夫婦仲は冷え切っている。

平民の桃香と恋に落ち、
百合子が生まれた。

容姿端麗で梅子とは似ていないが、
癖毛という共通点がある。

>作品を読む

今回の調査対象者
調査期間:2017/1/23-2017/02/05
性別:女性
年齢:30~49歳
好きな作品ジャンル:強い心で生き抜く 系

上記コンテンツは、株式会社博報堂DYデジタルが保有する調査パネルデータの分析結果をもとに、対象者によく読まれている作品をピックアップし、紹介しています。

© Hakuhodo DY digital Inc. All rights reserved.

前へ

TOPに戻る


小説家になろう/みてみん
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/ガイドライン
出版社・メディア関係者様へ
掲載作品の出版について
公式ブログ/お問い合わせ
商標ガイドライン

運営:HINAproject